www.3dnewsandreviews.com

考えもせずに起こるのが自動車事故です。この状況で何をどうやって対処するかによって、自動車の保険料の支払金も相当変わってくるケースも想定されますので的確な考えと対応が不可欠です。思っていないアクシデントに動揺してしまったら重大な事を見逃してしまい、この先自分自身がかなりの損を被る場面も想像できるので自動車の事故に遭遇してしまった時には的確に以下の対応を行いましょう。事故の遭遇した場面でまずするべきは怪我をした人の有無を確認する必要があります。乗用車の事故直後は動揺して喪心状態になってしまうことがあり直ちに行動できないのが当たり前です。ですから、怪我人がいたら安全な場所へ移して応急手当を施し周囲の人に助けを呼ぶなどして人命第一に努めることが大切です。119番に連絡する場合には正しい事故があった場所を伝えて不確かな状況ではよく知られているお店や交差点を連絡して事故の位置が分かってもらえるようにします。その後に110番に連絡し交通事故が発生したこと、そして様子を告げます。救急車とパトカーが来るのを待っている間に相手の事を聞きます。姓名、住所、電話番号、事故相手の保険会社名等自分だけでなく相手の情報を教えます。この時相手にミスがあったような場合にはその場所で処理する状況が考えれますがその場所でうやむやにするのではなくどういう時でも警察や自動車保険会社に報告してきちんと確認してもらいます。それぞれの身元を教えあったら他の人の妨害になるのを避けるために妨げになる物路上から排除します。万一邪魔な物が他人の交通の邪魔になっている場合は、各々の情報の交換をする以前にこの対応をしても問題ありません。あなたの入っている保険屋さんに電話を入れ、交通事故があった事を連絡します。車の事故から一定の時間内で保険会社に連絡を入れないと、自動車での事故の保険の適用されない場合も想定されるので極力素早く電話を入れることが欠かせません。可能ならば形跡として、コンパクトカメラやタブレット等を使って事故やマイカーの破損箇所が分かる写真をを撮影しておきます。その写真は過失の割合決定するかなり大きな糸口となりますので己の愛車や先方の愛車の壊れた箇所を全部証拠に残しておくことが大事です。この場面で他の人がいたのなら警官の方が自動車保険会社がやってくるまで現場にそのまま待って頂けるようにお願いするのも必要不可欠です。

コンテンツメニュー