www.3dnewsandreviews.com

特定調停というのも任意整理による解決と同じく各債権を持つものに対しての債務の返済を行っていくことを前置きとした借金整理の選択肢なのです。言い換えるなら裁判所がやる負債整理と考えることができます。特定調停も先の方法と似ていますが破産申告とは異なってある部分のみの負債だけを整理していくことが可能ですので他の保証人がいる借金を除いて整理する場合やクルマのローンを除いて手続きをしていく場合等でも適用することが可能になりますし、全ての財産を放棄してしまう必要がないので、株式や不動産などの財産を持っているものの手放してしまいたくない場合でも有効な借金整理の方法です。いっぽう、これからの返済に必要な額と現実の給与等の収入を比較しある程度返済の目処が立つのであればこの特定調停による手続きを進めていくことが可能ですが、破産宣告とは違って負債そのものが消えてしまうわけではありませんので合計がだいぶある状況の場合、実際に特定調停の選択肢を選ぶのは困難になるといえるでしょう。この方法だと司法機関が中に入るので司法書士等に頼まなくてもリスクが増えるようなことにはならないということとか、諸経費を減らせるという良いところはありますが、きびしい取り立てに応対していくことになる点に加え文字通り裁判所に幾度も顔を出すことが必要になるなどのデメリットもあります。さらに、任意による整理との比較になりますが、最終段階でも解決が得られない際には求められている利息をそのまま付けた状態で返していくことになるといったことや債権者に対し返済する合計額が任意による整理と比べて増えてしまう傾向にある等のデメリットもあります。

コンテンツメニュー