広まっていない方法というものがある場合でも

現金化する目的で電車等のチケット等を大量購入してしまう>クレジットのキャッシュ化サービスを利用しないで、自身で現金化を目的にクレカ購入をするのも同様です。

お金に変えることを目的としたカードの決済というのは、クレジットの契約内容違反扱いになってしまうため。

多量の乗車切符・切手を購入する等でのクレカ利用というものは、場合によっては現金化が目的ではないのか?という風にマークされるケースなどがあり得るので、十分な注意するべきです。

さらに、利用時にキャシング利用可能額がフルになってしまっている人の場合は、電車等のチケットを購買することだけでカードの発行会社から電話が入る事例もあるから、お金がない時のカード払いについては出来なくされているのでしょう。

懐事情に問題のある時に頭をよぎる内容は皆似ているなのです。

クレジット発行会社に都合の悪い利用をしてしまう)話題だった『永久機関』といったクレジットカード会社から見て利益にならないような正当でない使用方法をした場合にはカードの会社の方から強制没収となってしまう話さえもあるようです。

ネット上で出ていた購入ポイントの不正な搾取というような世の中に広まっていない方法というものがある場合でも、これらの手法というのは間違えなくカードのルール違反なのだから絶対利用しないようにしないほうがいいです。

強制没収のカード情報は他のカード会社へ知られる→カードを没収させられたとしても、他の会社のカードというのは利用可能んだから、少しであればいい?と思ったあなたはこの情報化社会では信用を消失する危険があります。

それは、強制退会させられるようなケースの場合ではクレジットカードの発行会社からアクセス可能な信用情報へその内容が記録されてしまうから事故を起こした人の信用情報というものはガタ落ちとなる事態があるからです。

所有する一つであってもカードを強制失効となってしまうと、他社のクレカも契約できなくなるし、他に持っているクレジットカードさえも強制没収となってしまうこともあるのです。

運良くそのまま利用出来るようでも有効期限切れとともに継続利用できなくなると思われる。

とにかくしつこいほど言いましたが、強制没収になるような利用は絶対になさらないよう、規約を守ってカードを利用して頂きたいと思っています。

コンテンツメニュー

    Link