過去のレートの上下を見極めて

いよいよ取引する時という場合には何よりも準備をサボってはいけません。75-19-22

売買を行う前であったら、相場を客観的に調査する事が可能です。75-16-22

だが、一回売買の中に踏み込んでしまうと、どうあがいても見え方が客観性を欠くものになりがちで状況によっては冷静な考え方が出来なくなる。75-14-22

可能性があります。75-18-22

だからあなたの精神が論理的なうちに、正しく事前準備をしておくことが大事です。75-5-22

”準備”のためには、自分なりのシナリオを記す事からスタートします。75-6-22

今からの為替相場は下がる(または上がる)から、米ドルを売る(あるいは買う)といった自分で考えた脚本を書いていきます。75-7-22

次に大事なのは為替チャートをチェックしよう。75-11-22

過去のレートの上下を見極めて、チャートを見ます。75-4-22

そうしたら、「現在は過度に低い状況にあるな」もしくは「すでにたくさんの仕かけているから、この先急に買い(または売り)しても今はもうやりようがない」などと分かってきます。75-10-22

無論今はもう売買するのが手遅れだなと思っていたらここはすっぱりと吹っ切ることが肝心です。

どうしても自分の脚本を貫いて、強引に新しく注文すると、外国為替市場に跳ね返されてしまい、かえって損失を被ることになる危険性があります。

もっとも大体のケースで、緻密なあなたなりのシナリオを作っていくと、売り(または買い)がなすすべがないという場面にはならないだろう。

本格的に相場が動意する前の状況のはずです。

続いては、差し当って自らが取引しようと思っているポジションの上下動を、きちっと確かめる事が肝心。

ドル高が進むであろうという筋書きを書いたのであれば、その通貨の推移に注目しておきます。

為替相場の上げ下げをチェックし始めた状態では該当の外貨ははっきりと上げ下げする素振りを見せず、細かい変動を繰り返しているだけだろう。

だが、その推移をしっかりと見ていると、ある位置で、円安の方向へと向い始めます。

ここで、ドル円の新規取引します。

一般的に、そこまで念入りに事前の準備を進めておけば、そのエントリーで勝つ割合は割合高くなります。

コンテンツメニュー

75-17-22 75-15-22