JCBの3つのカード会社が書いてあるカード

加盟店で一切の保有カードが決済可能なわけではありません。PCマックス

▼クレジットカードの加入店はだいたい、ときには5を超えるクレカとライセンスを結んでいるんですが残念なことに一切の商店で全ての会社の所有クレジットカードが切れるわけじゃありません。税理士 大阪 顧問料

つまり古い商店の場合にはJCBマークの付いているそのクレジットカードしか使えないときもありますし、新しい契約店舗だとVISAやマスターカードの名前の入っているクレカしか使えないときもあるでしょう。https://www.shikaku-king.com/ranking/woman_ranking/

ディスカバーといったカードならばもっと決済不可なお店が増えるのではないでしょうか。

どのブランドのクレカが使用可能かというのをどこで見分けるといいものか「それならいかなる方法で何のブランドの所有クレカが決済可能かというのを判断するといいものか?」という質問ですが正確にチェックするんだったら該当店の担当者に聞いてみるのみ、ていうのが正直なところ正しい答えです。

ただ大体の売り場やフードコートにはその入口の場所に使用可能なクレカのサインがプリントされた加盟ステッカーが貼り付けられているんで、「へーここの店舗ではダイナースカードが使用できるんだな」というのが不安にならないようになってるため記憶にとどめておいていただけるとよいと思います。

しかしながら、ちゃんと契約管理が出来ていない店舗で使うときには、ステッカーが掲載されているショップでも「当店では何々クレカはお使いいただけません」などの回答をされる状況もあるわけでメンツをつぶされてしまう場合だってあるでしょう。

やはり可能な限りは全ての加入店で決済できるようにする目的で異種のマーク(国外マーク)が入っている一般的なマスターカードダイナースカード、ライフカード、というようなクレカを2、3枚申し込んでおくようにしたほうがよいと思います(例として:ニコスカードを使っているなら他方はディスカバーカード付帯のクレカを携帯するようにするほか)。

特に国内使用のみならVISAカード、MasterCard、JCBの3つのカード会社が書いてあるカードを常に所持していれば、ほぼすべてのカード決済可能店舗で少なくとも1枚のカードを使用することが可能です。

クレジットカードを使いこなしてカードライフを続けていくには早いうちにどんな場面でも支払い可能なクレカを財布に忍ばせておいていただきたいと思います。

コンテンツメニュー

    Link