自分自身が「ここは勝てる」と思える感覚

現実にノートパソコンの前で絶えず上下動している為替相場を目を向けていると、売り買いをしなければならないという衝動に突き動かされる人も多いです。美容ブログ

でも、ぼんやりした考えで注文するのは絶対に避けてほしい。レモンもつ鍋

分かっていると思いますが、市場は終日いかなる時でもいずれかの為替市場が開かれているしマーケットもどういう時でも、変動している。バルセロナ お土産

とは言っても、何度もエントリーを繰り返していると、その分だけ損失を被る危険が上がってしまいます。治験コーディネーター 転職と大宮の包茎クリニック

無論、トレードの数を増やすことによって、勝利する確率か50%、50%になるのは周知の通りです。全身脱毛 沖縄 キレイモ

けれどもその事は「なんだか分からないインスピレーションで取引」してしまうこととは話が違います。ハーブガーデン シャンプー

売買回数を増やすというのは、自分自身が「ここは勝てる」と思える感覚を持ったうえでの売り買いの回数を積むという事を意味します。FBA納品

格段の理由がなく、取引を繰り返すのとは大きく違います。正看護師と准看護師

市場の駆け引きに勝利するためには自ずから主体的にけじめをつけることが大切です。

「ここがチャンス」と思った外国為替相場の時には、いっそ所持ポジションを買い増して、思い切り利益を追求します。

「悩ましい外国為替相場でどう推移するのか読めないな」と思案した時は思い切って保持ポジションを諦めて放置します。

それくらいのけじめをつけた方が最終的には売り買いは成功します。

為替相場の金言には「休むも相場」というものがある。

まったくその通りだと思います。

FXとは、いかなる時でも売買ポジションを所有する事が全部ではなくポジションを所持せず何もしないことも場面によっては相場なのである。

そうであるならば、どのタイミングで休む必要があるのでしょうか。

ひとつは、前述の通り、今の外国為替相場が曖昧で理解できない時です。

ここからどうなるのか判断できない時は思いつきで行動すると、自身で作り上げた台本とは反対の方向にマーケットが変化してしまい損する事になってしまいます。

こういった場合はポジションを整理して、そのまま何もしないで様子を見ているのが最良の選択です。

2番目に、自身の体調がよくない時です。

体調と外国為替相場に関係しないと考える投資家もいるだろうが。

実は案外関係がある。

体の状態がよくなければ、外国為替市場の重要な状況で冷静な決定ができません。

気乗りがしない時は、外国為替相場から距離を置くことも肝心な事です。

コンテンツメニュー

    Link