通称重量税という税金は

自動車重量税、通称重量税という税金は、日本の車とか外国の車という自動車の国や四輪駆動車、ハイルーフ車等自動車のタイプも関係なく例えば、ダイハツやアウディ、等にも一般的に負担をしなくてはいけないもののことをいいます。

新車を登録する場合または車検の際に支払いが発生するものになります。

額はそのクルマの重量毎に定められています。

「自動車重量税」と「自動車税」ではまったく異なるもののため基礎となる税金を理解して間違えないようにしてください。

「自動車重量税という税金はクルマの車重により」「自動車税という税金は自動車の排気量により」その金額が異なります。

買取する際の対応も異なってきますから注意しましょう。

自動車を手放す際には既に支払った自動車の金額がどれだけ残っていた場合でも、その金額が還付されるようなことはないですが、一方で自動車税の時は、既に支払った税金を買取額に足してくれるといったケースがありますが、重量税に関しては上乗せになるといったケースはほとんどないはずです。

重量税というのは自動車の処分時に既に支払った税金があるとはいえ業者にてその事実が材料になる場合は少ないのです。

なので次回の支払い、分かりやすく言えば車検に出すまで処分するのを少し保留し手放すということが無駄がないです。

買い取り時は考慮されない重量税ですがある条件の場合だと戻ってくることもあるのです。

それは、車検の効力が残っている愛車を廃車にしてしまう時。

廃車申請をした場合、残存期間に応じた重量税が返金されます。

ですが、車の引き取り時はその車が廃車されるのとは違うので返金されません。

さらに所有車の名義の変更をした場合や、盗まれた際も返金してもらうことはできません。

重量税の残っている期間がある車を手放すことは、要するに車検がまだある中古車です。

そういったことを買取店も考慮しますので、重量税が残存していればそれなりに買取金額は増えるはずです。

もちろん、査定額は業者次第でまちまちなのですが、車検が残っているということを考慮していただければ、愛車の買取額からみるとあまり払い損と考えることもありません。

コンテンツメニュー

    Link